鳩のフンによる健康被害

  

近年、鳩のフン害で取り上げられるようになったのが健康上の被害で、フンに含まれる菌

フンの乾燥後、粉になり空気中に撒き散らされそれが人間の呼吸際に気管支に入ると

アレルギーの原因になったり、健康上の悪影響を与えることがあるようです。

  
例えば、ふとんをベランダに干す時、手すりに付いてる鳩のフンをぞうきんで拭く時があると思います。

そのぞうきんを手洗いすると手に菌が付いたり、洗い場にも菌が付着しますのでお気をつけ下さい。

できれば専用ぞうきん バケツ用意し、必ず手袋をして鳩のフンを掃除しましょう 

  

 近年、よく話題になる、鳥インフルエンザ との関連も無視できません。 

  

 最近、子供をもつ母親は鳩のフンには神経質になってきているようです。

  

さらに 鳩のフンには恐ろしい病気が潜んでいるようです。フンに含まれる物質しては、

「ダニ」 や 「シラミ」 などがアレルギーの症状などを引き起こし、重大な疾病引き起こす

「クリプトコックス症」は肺から侵入し感染すると、全身に及ん死に至る恐ろしい病気です。
 
その他、脳炎、ニューカッスル病、サルモレラ菌食中毒、トキソプラズマ症などが鳩のフンからも

伝染すると言われています。

     

鳩と人間の健康被害の問題は、都市に住む「ドバト」が害鳥と言われるようになってから問題化し、

特に鳩との関係で死亡率が高いとしてマスコミなどでも報道されたのが クリプトコックス症 です。 
   

これはカビの一種である「クリプトコックス・ネオホルマンス」という菌が原因で、
   
免疫力・体力の落ちた人が かかりやすいので気をつける必要があるようです。

  
堆積した鳩のフンの窒素成分でよく増殖することが研究されており、飛散した菌が人間の呼吸器官から

体内に入ると奇病を引き起こすこととなります。
 
拡散した菌を吸い込むので肺で感染する場合が多いのですが、肺では通常何の症状も起こさず、

体の他の部分に感染が広がった時に症状が現れます。

   
同菌は脳髄液を好んで増殖し、髄膜炎や脳炎を引き起こし、次第に脳がカビの菌で侵されるように

なるようで、頭痛、発熱、人格変化、記憶障害の脳障害から咳や血痰を伴い、永続的な神経障害を

起こすことがあります。
   

この病気は小さなお子さん免疫力の落ちた人に特にかかりやすいので注意必要です。
 
脳に感染した場合、安全な特効薬は見つかっていないようです。
  

そんな恐ろしい病気の他に、ダニやシラミを媒介することにより住宅地の近くでは、特に

気にされる傾向になっています。子供のぜんそくやアレルギーの引き金にもなると言われており、

人の病気との関係が年々身近になっているようです。

    

鳥類から一般に人間に感染する病気として、鳩との関係も例外視されなくなってきています。

      
「ニューカッスル病」は、急性結膜炎を引き起こし、「サルモネラ菌」や「ボツリヌス菌」の

食中毒が鳥に由来することもあります。

  
「 オウム病 」 や「 トキソプラズマ症 」を引き起こす病原体が鳥から人間に感染する可能性も

指摘されています。 ただ、従来から存在する鳥類と人間の健康被害の問題が、

近年鳩の被害に置き換えられる傾向があり、鳩が特に増殖していることが

そのような風潮を引き起こしたと言えるのではないでしょうか。  

     

鳩が住み着いた場所では、フンの堆積を防ぎ、こまめに掃除をすることお奨めします。
  
体力が落ちている時には、鳩(鳥類全般)やそのフンに近づかないことが有効な予防策では

ないかと思います。

  

恐ろしい クリプトコックス症(Cryptococcosis)情報

  

  病原体は、クリプトコックス菌
  

  感染動物は、  、猫 
 

  人体における症状は、肺クリプトコックス症 = 発熱(軽度)、胸痛

            クリプトコックス髄膜炎 = 中枢神経症状、死亡

  

クリプトコックス菌は、鳩の蓄積したフンの中で増殖します。

  

鳩のフンが乾いて舞い上がり、それが呼吸とともに人の肺の中にクリプトコックス菌が取り込まれ、

感染し、肺に病巣をつくる病気です。免疫不全の患者でごくまれに中枢神経に感染して髄膜炎や

脳炎を起こすことがあるそうです。

  

しかし、HIV感染症の患者や臓器移植後の免疫抑制剤使用者など、免疫力が低下した人が、

感染症的にクリプトコックス菌に感染し、中枢神経に病変をつくり、しばしば致死的になるそうです。

 

病原体データとしては、鳥の体内は哺乳類より体温が高いため、感染も増殖もしないようです。

鳥ではクリプトコックス菌が増殖できないので、移動によりばらまいたり運んだりする点で重要です。

 

人や動物は、フン便の粉塵を吸入することにより 感染する場合があるようです。

  

健康な人には、ほとんど感染しないそうですが、免疫不全や免疫力の弱いお年寄りは、

感染しやすいと言われています。またこの菌は、呼吸器に感染後、神経組織に移動して

髄膜炎、脳炎などを起こす恐れがあるようなので、本当に気をつけたいです。

  

予防としては、体力、免疫力の低下した人は、鳩の近くに近寄らないこと。

  

いずれにしても、自宅のベランダ などに 鳩を侵入させないこと! これが一番です。